車椅子の修理承ります!

弊社では福祉車両整備の一環として車イスの修理・整備も行っております。

車椅子とはいえ、やはり「クルマ」です。
使用により経年劣化が始まります。
弊社では車椅子の点検を行い、不具合のある箇所を修理したり
消耗の激しい部品の交換を行います。
点検に関しては、自動車での点検ノウハウがあるので
整備の必要な箇所や劣化しやすい部品を事前にチェックリストで明確にしており
適切な整備を行います。

00中学様から、作業前ステップの取り付け、足ベルト取り付け定期点検のご依頼です

写真ではわかりにくいですが、前方のフレームが曲がってます。

フレームが曲がってステップが入らなかったのですが、修正完了してすっぽり入りました。

各部の点検です。
地面をタイヤが転がると、ベアリングに髪の毛等を巻き込んでしまいます。

先程の写真と同様に、ベアリングに糸くずが絡んでおります。
絡み除去&グリスアップして組み付けます。

点検後はナットをネジロックで取り付けて組み付けます。

仕上げです。着座する布部品は除菌と消臭効果のある次亜塩素酸で消毒します。
フレームはアルコールで消毒します。(次亜塩素酸は金属腐食する為)

これはベアリングに入ったゴミの写真です。

これはベアリングに絡んだ髪の毛です。これらによって車輪に抵抗がかかり
車椅子の移動に負荷がかかるのです。最悪はベアリングを破壊します。
定期的なメンテナンスを行うことによって車椅子も快適に使用できるのです。